【陰陽師】桜の精が上方修正と思いきや反撃時に回復しない仕様・・・かなしい

待ちに待った桜の精の上方修正が来ましたので早速使ってみました!
しかし以前と仕様が変わったため反撃アタッカーを使う人にとっては下方修正に・・・

今回の桜の精情報修正内容

スキル2のパッシブ回復ですが、
元々80%とかの確率で、味方のターン時&反撃時に回復が発動していました。
ただしスタンとか行動阻害デバフがついていると発動しない。という仕様。

それがスキル修正で、100%の確率になりデバフを受けていても回復となりました。
(封印などパッシブが止められない限り)

ただ以前は反撃時にも回復していたのが、修正後は味方の行動後回復となったため反撃時には回復しない仕様に・・・

運営に問い合わせてみましたが、この仕様は正しい仕様とのこと。

他の回復役に比べて反撃パーティーでは微妙になった桜の精

反撃パーティーに向いている回復役として、同じターン回復をもつ恵比寿と、回復バフでターン回復できる花鳥風月がいます。

2体とも反撃時に回復できるうえに、恵比寿はデバフ解除と鬼火獲得、花鳥風月は通常攻撃でも回復でき多段攻撃なのでアタッカー運用も出来る。

その2体と比べるとかなり物足りなくなってしまいました。

 

桜の精長く使っていただけに残念!!
せめてスキル3がもう少し協力だったら・・・回復阻害8割とかにしませんか。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA