【陰陽師】妖琴師は耐久パーティーに向いてる?

最近気になっているサポート式神『妖琴師』について調べてみました。

今は速度要員といったら、『山兎』や『鎌鼬』ですが今後は『妖琴師』も増えてくるんじゃないかと思っています。

特徴は、ベースの速度が120とかなり高く、『山兎』や『鎌鼬』よりも早い事と、スキル2のゲージアップではなくターン獲得なので、1体しか動かせませんが割り込まれる心配がない事ですね。

妖琴師のスキル

驚弦

妖琴師は琴を弓とし、琴の音を妖力の矢に変え敵を攻撃する。目標に攻撃力の100%相当のダメージを与える。
(スキルマ:ダメージ+25%)

余韻(鬼火2)

味方単体に追加行動のチャンスを1回与える。さらに、味方全体の素早さを8アップさせる。
(スキルマ:素早さを20にアップさせる)

魔狂琴心(鬼火3)

敵全体に攻撃力の85%のダメージを与える。さらに20%で敵の行動ゲージを0にする。
(スキルマ:ダメージ+20%)

覚醒

スキル:『魔狂琴心』強化
混乱デバフを追加。20%(+本来の確率×効果命中)で敵を混乱状態にする。

妖琴師と組ませたい式神や使い所

妖琴師のターン獲得と相性の良さそうなキャラ。

デバッファー(雪女・兵俑・夢喰いなど)

デバフパーティーでは、『山兎』や『鎌鼬』よりもベース速度が早いので先手を取りやすい構成にできそうです。
先に1体動かしてデバフぶち込みたいパーティーだと使えますね。

逆に最近流行っている、『鳳凰化』『雨女』のコンボみたいな場合は使えないです。

恵比寿

『恵比寿』の回復スキルは味方のターン毎に自動で回復するので、即時ターン獲得が生きます。
HPすくない味方にターン回してあげれば行動と回復が同時にできる。

海坊主

『海坊主』は与えたダメージ分、HP一番低い味方を回復できます。
『恵比寿』とは違いますが、的にダメージを与えつつ味方も回復できるので、ターン獲得することに意味のある式神ですね。

妖琴師はどちらかと言えば耐久パーティーに向いてそう

そもそも先手をとりたい速度パーティーにとってはゲージアップ系の『山兎』や『鎌鼬』の方が使いやすい気がします。

しかし、『酒呑童子』や『吸血姫』などを軸にした長期戦から勝機を見出す戦いでは、ここぞという時にターン獲得が生きる構成では強い気がします。

『恵比寿』は耐久パーティーには一番適している回復役かと思いますが、回復するには味方のターンを早く回す必要あるので、即時ターン獲得と速度バフはやっぱり相性がいいです!

参考動画

『兵俑』と組ませたパーティーで、『兵俑』のHPが低くなったら『海坊主』にターンを回してHPの回復をしていますね。

ターンを獲得に合った編成ですね。敵を拘束するときは『兵俑』、回復したいときは『海坊主』、敵を倒せる場面で『酒呑童子』と、状況によって『妖琴師』が活躍できそうです!

まとめ

『妖琴師』のスキルは他の式神無いものなので、使える場面は色々ありそうな気がします。
2番スキルの味方への速度アップ値が、スキルマでないと結構厳しいので、まずは今のうちから集めておきたいです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA