【陰陽師】一つ目小僧のスキル改変で、全体多段キャラ最大のアンチになるか?

『一つ目小僧』のスキル:金剛経が改変されたことで、また闘技に影響でそうです。
本格的に反射パーティーが作れそうですね。

探索や陰界でも出てくるので、反射ダメージで事故る人もいるみたいで今後オート怖いですね。

一つ目小僧のスキル

スキル1:石投げ(鬼火0)

一つ目小僧は練習して鍛えた石投げの術で敵を攻撃する。敵1体に当たり、攻撃力の100%相当のダメージを与える。

スキル2:金剛経(鬼火0)

一つ目小僧は味方全体を加護する為に経文を読誦する。味方の効果抵抗を10%アップさせ、受けたダメージの10%を敵に反射する。1ターンの間、効果はかき消すことができない。

効果抵抗・反射はスキルまで20%まで上がる。

スキル3:菩薩攻撃(鬼火2)

敵単体に攻撃力の163%のダメージを与える。さらに。25%で1ターンの間、25%(+本来の確率×効果命中)で目標を1ターンの間スタン状態にさせる。

金剛経スキルについて検証してみた

  • 金剛経は『一つ目小僧』が攻撃を受けると発動する。
  • ライフリンク中に他の味方が攻撃を受けても発動しない。
  • 攻撃受けてから発動するので、一撃目は反射しない。
  • スタンなどデバフを受けてる状態での発動は未検証。

デバフを受けている状態での確認がまだ出来ていませんが、全体の多段アタッカーに強そうです。
逆に単発大ダメージが苦手。

ライフリンクと併用されると非常に厄介そうです。

まとめ

まだ育成済んでいないので探索マップに連れて行っての検証でしたが、結構使えそうなので急いで育成しています。

闘技などで使うともう少し使い心地など分かりそうなのですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA