【サマナーズウォー】死ダン攻略。火九尾と水かぼちゃを育成!

やっと死ダン10Fの攻略を開始しました。
とりあえずオートで回れたので、攻略メンバーなど紹介していきます。

死のダンジョン攻略で必要なこと

  • 手数を多くする
  • アタッカーを取り返すため苦手属性にしない
  • 速度バフ・速度デバフ・ゲージダウンがあるとよい(できれば)

結構死ダンって厄介ってイメージがありましたが、たぶんこんくらい考えれば大丈夫。

手数を多くする

これが一番大事で、全員が複数回攻撃で暴走ルーンがベスト。
自分のメンバーだとクリーピー(水ジャック・オ・ランタン)が迅速ルーンなのと、
暴走ベラデオンは多段ではないですが盾割要員でいれています。

アタッカーの火九尾&ジブラルタはスキル1が多段のため、スキル上げしていないです。
とくに火九尾についてはスキル3がスキル上げでスキル再使用時間短くならないので上げる必要ないという理由で採用しています。

今気になってるのはクリーピーで、スキル2の『夜風の旅立ち』がスキルMAXで3ターンに1回つかわれるのが無駄なんじゃないかと思っています。

とにかくバリアを突破しないと意味ないので、この枠は暴走ルーンの火エルフがいいのかなと。
手持ちの火エルフもスキルMAXにしてしまってるけど、スキル3の『森林歩き』(水カボチャの2番と同じようなやつ)が3ターンバフ、再使用4ターンなので1ターン無駄がないんですよね。

アタッカーを取り返すためアタッカー同士を苦手属性にしない

これは育成前に考えないとムダになるので、手持ちでだれで死ダン回すかちゃんと考える必要があります。
10Fは闇属性なのでだれでもいいんですが、自分はジブラルタが手に入った時点で火属性でアタッカー組むことを考えました。

ちなみに初期のアタッカー枠が、ジブラルタ&セアラだったんですがセアラが敵に回った時にクリーピーが爆破されて落ちるのでダメでした。(HP25000でも耐えられなかった)

今の水かぼちやはセアラ用にHPもりもりなので取られる心配ないですが、もしアタッカータイプしたときにこいつとられると取り返せなくなるので、そういう意味でも火エルフのほうがいいかなと思っています。

速度バフ・速度デバフ・ゲージダウンがあるとよい(できれば)

これはあってもなくてもどっちでも良い気がしてきました。
水かぼちや使っててスキル2のバフ使われるより攻撃してもらってバリアはがして、デバフくっつけたほうが安定するきがします。

火羅刹が手に入ったら使いたいですけどね。

死のダンジョン10F 攻略メンバー

ルーンもあまりものですが、アタッカーの火九尾とジブラルタはこれぐらいのステータスでもなんとかなってます。
ただ3分後半〜4分台なのでもうすこし頑張らないと周回はめんどくさいですね。

とりあえず下のステータスをメモ代わりに次のルーン解除まで暴走ルーンがんばって集めて付け替えたい。

写真 2016-08-29 14 20 41

写真 2016-08-29 14 20 55

写真 2016-08-29 14 21 01

写真 2016-08-29 14 21 09

写真 2016-08-29 14 21 43

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA