通信速度を考えると格安simはUQモバイル一択?ただしテザリングしたい人は注意!

最近は格安simを扱っているサービスも増えてきましたが、
通信速度をみるとUQモバイル一択ですかね。

UQモバイルの通信速度は他社と比べると圧倒的な速さ!

最近私の使っているIIJmioが昼の時間帯ですごいネットが遅くて、
仕事用スマホで試しにデータ通信sim契約してしばらく使ってみました。

auネットワークで月々980円!【UQ mobile】

格安simで一番不満に思う点は通信速度

3大キャリアから格安simへ変更すると一番に不満に思うのは回線速度です。

というか唯一不満になる点と言っても良いかも。

基本的なサービスは契約前にいくらでも確認できますが、
通信速度だけは実際に使ってみないと分からないのが原因です。

格安simは昼の時間に通信速度が激遅になるが、UQモバイルは違う!

格安simは昼(12:00〜13:00)に回線速度が大幅に低下します。

これは格安simの宿命と言っても良いです。

と言うのも、格安simは3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から回線帯域を買っているサービスですが、

ユーザーが混み合う昼の時間帯に満足な速度を出すほどの帯域を購入すると、
これほど低価格なサービスでは成り立たなくなるためです。

しかし例外となっているのがサブブランドと言われる、
UQモバイルとY!mobileになります。

サブブランドは低価格でありながら3大キャリアに近いサービスを提供

サブブランドは3大キャリアと密接な関わりがありサポートを受けているブランドです。

UQモバイルを運営している『UQコミュニケーションズ』はKDDIグループ企業ですし、
Y!mobileはの運営はソフトバンクです。

そのためサブブランドの通信速度は他の格安simと比べて安定しています。

そしてUQモバイルは、Y!mobileよりも昼の速度が安定しているためおすすめ!

UQモバイルと他の格安simの昼の通信速度の違い

私は仕事で複数のsimを契約していますが、
UQモバイルは昼に5Mbps前後の速度が出ています。

5MbpsというのはYouTubeなどの動画配信が途切れずに見れるかどうか、
一つの目安になる速度です。

プライベートのスマホではIIJmioをメインで使っていますが、
こちらは0.5Mbpsで、その他も0.2〜0.6Mbpsほどしか昼の時間は速度が出ません。

通信速度が0.3Mbps未満になるとまともに使うことができず、
スマホゲームはタイムアウトでまともに出来ないし、ネットサーフィンも遅すぎてストレスマッハ!

私が最近やっているチェーンストライクも外だと昼間は無理ですね。
頻繁に通信のグルグルが回りっぱなしです。ト

UQモバイルのメリットまとめ

  • 通信速度が速い
  • オプションやプランが豊富(無料通話プランやデータ無制限プランなど)

通信速度がとても速いUQモバイルですが、
他にも通話を良く使う人におすすめな無料通話がついているプランや、
1回5分間であればお金がかからない、かけ放題プランなどあります。

まだ月間データ容量無制限(送受信最大500kbps)などもあるので、
多少速度が遅くても良いから無制限で使い人にはおすすめです。

データ無制限プラン

以前、旅行中でもスマホでYouTube見放題できるか?と思って契約した事があるのですが、
普通画質(360p)だと読み込みのグルグルが頻繁に出る状態で、
低画質(240p)であれば問題なく視聴できる感じです。

正直動画視聴であればもう少し速度がほしい。

SNSとかそれ以外のネットの使い方であれば全く問題なし!

UQモバイルのデメリット

  • プランの割引関係が複雑
  • テザリングがiPhone7以降では出来ない

プランの割引関係が複雑

プラン 月額料金 月額データ容量
プランS 1,980円
(割引適用後)
2GB
プランM 2,980円
(割引適用後)
6GB
プランL 4,980円
(割引適用後)
14GB
データ高速プラン 1,680円
(データ通信のみ:980円)
3GB
データ無制限プラン 2,680円
(データ通信のみ:1,980円)
無制限

プランS/M/Lは、以下どちらかから選択。
・おしゃべりプランS/M/L(通話5分以内無料)
・ぴったりプランS/M/L(月60分~180分まで無料)

この金額は公式サイトに乗っている金額で、
これだけ見ると分かりづらくはないですが、
実は色々割引が適用されたあとの金額です。

スマトク割/長期利用割引
スマトク割で25ヶ月間1000円引きで、26ヶ月目以降は長期利用割引で1000円引き。
要はずっと1000円引きするよって事。

イチキュッパ割
利用開始月から13ヶ月目までは1000円引き。
なので14ヶ月目からは1000円値段が上がります。

※両方ともプランS/M/Lに対してなので、
データ高速プラン・データ無制限プランには適用されていません。

auネットワークで月々980円!【UQ mobile】

テザリングがiPhone7以降では出来ない

私がプライベートスマホでUQモバイルを使っていない一番の理由。

UQモバイルに限らずau回線の格安simすべてですが、
iPhoneでテザリングが出来ません。

UQモバイルの場合はiPhone6sまではテザリングできるが、
iPhone7以降の新しい機種ではテザリングが出来ないです。

私はフリーランスで頻繁に外でテザリング使って仕事するため、結構致命的ですね。

ちなみのこれはKDDIの問題なので、
UQモバイルはどうすることも出来ません。

しかし、テザリング自体使っていない人も多いため、
そんな人には全く関係ないデメリットです。

まとめ:テザリング使わない人にはUQモバイルはおすすめ

UQモバイルは14ヶ月目以降の料金は契約時より1000円上がりますが、
料金も3大キャリアに比べれば、圧倒的に安いです。

そして他の格安simには無い通信速度が魅力です!

これでiPhone7以降もテザリング出来ていれば最強でしたが、
これは元回線のKDDIに今後期待したいです。

auネットワークで月々980円!【UQ mobile】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA